日本語
小さなアイデアで世界をもっと面白くする

STEAM教育への取組み

STEM教育の取組み
STEM Education

プログラミング、ロボット、3Dプリンター、レーザーカッター等、最先端テクノロジーを学ぶ機会を作ろうという取り組みが世界各国で起こっています。

 

そういった取り組みをScience(サイエンス=工学)、Technology(テクノロジー=技術)、Engineering(エンジニアリング=工学)、Mathematics(マスまティックス=数学)の頭文字を取って、STEM(ステム)教育と呼んでいます。

 
 

STEM教育の目的は、単に「科学技術」や「IT技術」に秀でた人材を生み出すことだけではありません。

モノをいじって試行錯誤する「ティンカリング(自分の好きなものを好きなだけ造形する)」や、協同しながらの創造、コミュニティでの学び合い、知識やノウハウを場所や時間を問わずにシェアすることで、「自分で学び、自分で理解していくこと」が最大の目的となります。

 
 

すなわち、自発性、創造性、判断力、問題解決力といった諸々の能力を高めていくことになります。

 

STEM教育toSTEAM教育
STEAM Education

STEM教育が注目される中、それだけでは21世紀の価値は想像できないという考えが生まれます。
 
Appleの成功に影響を受け、従来の「価値=効率や機能」という観点から、「使う人の感情に働きかける力=デザイン力、創造力」も現実的な価値の一部だという考え方へシフトが起こり始めたからです。

 
 
そのような背景をもとに、Art(藝術)の観点を加えたSTEAM教育がアメリカの美術のハーバードと言われる「ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(以下、RISD)」によって提唱されました。

グラフィックデザイナーであり、RISDの学長であった日系アメリカ人ジョン・マエダ氏がSTEM教育にArt(藝術)を加えたSTEAM教育を提唱し、「サイエンスとテクノロジーが20世紀の世界経済を変えたように、アートとデザインは、21世紀の世界経済を変える」と述べています。

 
 
マエダ氏が強く主張をしているのは、アートやデザインは見た目を美しくするだけではなく、もっと経済やビジネスの中心にあり、なくてはならないものだということです。
 
実際に、RISDからはAirbnbの創設者など多くの起業家が育っています。RISDでは創造的問題解決の力をつけることを大切にしていて、そこにはわかりやすいプロセスがあるというよりは、多くの機会(失敗を含む)があるということです。

 
 
大量のインプットをしながら、この方向性で良いのか、このコンセプトで良いのか、この手法で良いのか、この素材で良いのか、自分に問い続け、プロトタイプを繰り返す孤独なプロセスを得て、何かを生み出し、あらたな問いと向き合う。

 
 
そうすることで、イノベーティブな力は育っていくとしています。

つまり、STEAM教育では、STEM教育で学んだことを基礎に、藝術で培われた独創性や創造性を活かし、現実社会の問題に取り組み、解決する力を養うことが出来る教育方法となります。

 

3Dプリンターの役割
Role of 3D printer

3Dプリンターについても「新しいものを作って世の中を変える」という「モノづくりに」に携わる次世代を育てるツールとして期待されており、世界中で教育界へ3Dプリンターを導入する動きが出ています。

 

例として、イギリスでは全ての中学・高校・専門学校に3Dプリンターの導入を計画していたり、中国では40万の小学校に3Dプリンターを設置する計画です。

 
 
3Dプリンター/3Dソフトウェアは、モノをいじって試行錯誤する「ティンカリング(自分の好きなものを好きなだけ造形する)」に最適なツールであり、「頭に思い描くコト」や「ワクワクするモノ」を実際にアウトプットすることで楽しさを学び、机上や頭の中で考えるだけでなく、実際に行動することの大切さを学ぶことが出来ると考えます。
 
 

また、最新のITソリューション技術を活用することで、小さいうちからITへの理解度を深め、次世代のイノベーションソリューションの開発に繋がります。

 

一方で、日本国内では、2020年度より小学校でのプログラミング教育必修化の検討がされるなど、STE(A)M教育に対する気運が高まってはいるものの、世界的にみると大きく後れを取っているのが現状です。

 

AIの躍進する時代
Time of rapid progress about AI

AI(技術)が活躍する時代になる、その流れは変わることなく、更に加速していくことは間違いないとされています。
 
これからの未来を生きる子どもたちにとって、必要になる能力は、単なる知識や資格などではなく、コンピューターでは代替えすることが難しい、新しいことを作る創造力やデザイン力、テクノロジーを活用する力となります。

 

SCULABのSTEAM教育
STEAM Education by SCULAB

私たちが考えるSTEAM教育とは、単に科学技術や数学を学ぶのではなく、「1観察」「2問題の発見」「3アイデア出し」「4プロトタイプ」「5批判的検証」の一連の流れだと定義しています。
 
1から5のプロセスを繰り返すことで正解のない問いに対して自問自答を繰り返し、自分で答えを作るようになることが出来ます。

 

SCULABは、上記のステップに加え、「討論」「発表」の場を大切にしており、自分の答えに対して討論・発表というステップを通じて、自分の答えを一つのストーリーとして他人に理解を示してもらう力を養います。