日本語
小さなアイデアで世界をもっと面白くする

SDGsへの取組み

SDGsとは
What is SDGs

SDGsとは”Sustainable Development Goals”の略語で持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲットからなる持続可能な開発目標となります。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、正しい発音は、”エスディージーズ”になります。

 

SDGsの17の目標

1.貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

2.ききんをゼロに

飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

4.質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

5.ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

6.安全な水とトイレを世界中に

すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

8.働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

10.人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の格差を是正する

11.住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

13.気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

14.海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

15.陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

16.平和と公正をすべての人に

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

17.パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

企業にとって何故重要なのか

 

将来のビジネスチャンスの見極め

地球規模の公的ないしは民間の投資の流れを、SDGsが代表する課題の方向に転換することを狙いとしています。
 
そうすることにより、革新的なソリューションや抜本的な変革を進めていくことのできる企業のために、成長する市場を明確にしています。
 
 

ステークホルダーとの関係強化、新たな政策展開との同調

SDGs は、国際、国家、地域レベルで、ステークホルダーの期待と将来の政策の方向性を反映しています。
 
SDGsと経営上の優先課題を統合させる企業は、顧客、従業員、その他のステークホルダーとの協働を強化できる一方、統合させない企業は、法的あるいはレピュテーションに関するリスクに益々さらされるようになっています。
 
 

社会と市場の安定化

社会が機能しなければ、企業は成功できません。
 
SDGsの達成に投資することは、ルールに基づく市場、透明な金融システム、腐敗がなく、良くガバナンスされた組織など、ビジネスの成功に必要な柱を支援することになリます。
 
 

共通言語の使用と目的の共有

SDGsは共通の行動や言語の枠組みを提供することにより、企業がその影響やパフォーマンスについて、より一貫して、より効果的に、ステークホルダーと意見交換を行うことを支援することができます。
 
SDGsは、世界の最も緊急な社会的課題に取り組むためのパートナーを結びつけることができます。
 
 

最大限貢献できる5つのステップ

 

01 SDGsを理解する

第一ステップは、企業がSDGsに関し十分に理解することです。
 
 

02 優先課題を決定する

SDGsによってもたらされる最も重要な事業機会をとらえ、リスクを減らすために、企業はそのバリューチェーン全体を通して、SDGsに関する現在および将来の正および負の影響を評価し、それに基づき、それぞれの優先的に取り組む課題を決定する必要があります。
 
 

03 目標を設定する

目標の設定は事業の成功にとって重大であり、企業全体を通じ優先的事項の共有を促進し、パフォーマンスを改善することができます。
 
企業はその目標をSDGsと整合させることによって、持続可能な開発に対する明確なコミットメントを示すことができます。
 
 

04 経営へ統合する

中核的な事業と企業ガバナンスに持続可能性を統合し、企業内のすべての機能に、持続可能な開発目標を組み込むことは、設定された目標を達成する上で鍵となります。
 
共有された目的を追求し、組織的な課題に取り組むためには、バリューチェーン全体を通じて、そのセクター内、あるいは、政府や市民社会団体とのパートナーシップにより協働していく必要があります。
 
 

05 報告とコミュニケーション

共通の指標や共有された優先課題を活用して、 持続可能な開発に関するパフォーマンスを報告することが必要になります。
 
SDGsに関する事項を、多くのステークホルダーとの意見交換や報告に導入していくことを推進することは非常に重要なことになります。
 
 

SCULAB*ができること

 

SCULABでは17の目標の中で、特に「4 質の高い教育をみんなに」「5 ジェンダー平等を実現しよう」「8 働きがいも経済成長も」の3項目について重点的に取り組んでいきます。

 
 

また、副代表は「低炭素社会に向けた国際環境リーダープログラム」を修了しており「国際環境リーダー」として認定を受けております。
 
更にアメリカのテキサス大学やフィリピン大学と合同で実施された「低炭素社会の開発に向けた災害リスクマネジメントと気候変動への対応」に関するサマーコースやインドネシアのバンドン州に設置されている「West JavaEnvironmental Protection Agency」にインターンシップ生として務めるなど幅広く経験を積んでいます。

 

自然災害の分野では「瀬戸内海における潮汐が巨大津波の伝播に与える影響評価」の論文が広島大学大学院国際協力研究科の最優秀論文賞に選ばれる他、アメリカ地球物理学連合の機関論文雑誌である「Journal of Geophysical Research」の海洋分野に掲載される等、高い評価を受けております。

 

前職では自然災害分野のコンサルタントやBCP(事業継続計画)策定に関わるなど、企業におけるSDGsの取り組みについても最前線で取り組んでまいりました。

 
 

SDGsって何かよく分からないという方から、具体的に企業として何をやっていければいいのか、また地球温暖化に起因する気候変動に対するレジリエンスやアダプテーションの方法等の具体的な内容まで、ご興味がある方はご連絡ください。