粘土をこねるような感覚の3DCGモデリングソフト Zbrushの面白さ

すからぼの3Dものづくり教室で使用している3DCGモデリングソフト”Zbrush Core”は”Zbrush”の入門編ソフトウェアです。

インターフェースや操作性はどちらも変わりませんので、”Zbrush Core”を使ってみて更に本格的にやってみたい方は”Zbrush”にアップデートするのがおすすめです。

Zbrushとは

公式ホームページには以下のように紹介されています。

“ZBrushはデジタル彫刻における業界水準となっています。ZBrushの機能はカスタムブラシを作成することを可能とし、形状、テクスチャ、色をバーチャルな粘土にリアルタイムの環境ですぐさま反映することができます。

ZBrushを利用することで、映画スタジオ、ゲーム開発者、玩具、収集品メーカー、ジュエリーデザイナー、自動車デザイナー、イラストレーターや、様々な世界中のアーティストと同様のツールを活用することができます。

ZBrushはアーティストによって作られた、アーティスト向けのツールです。

引用:https://pixologic.jp/zbrush/”

Zbrushが使用されている業種

Zbrushはデジタル彫刻の業界水準となっていますが、使用されている業種は以下の通り、多岐にわたっています。すなわち、Zbrushを極めることで、幅広い分野で活躍することが出来る可能性を広げることが可能となります。

“ZBrushは映画業界とVFX業界における非常に強いインパクトが有名となっており、それにより、アカデミー科学技術賞を受賞しています。ZBrushのインパクトは、ゲーム業界におけるトリプルA級タイトルのビジュアルクオリティにも見られます。各スタジオは次のレベルのクリエイティビティと、不可能と思われているものの境界線を追い求めており、ZBrushはこれらの永遠の探求に対する答えです。

他にも、ZBrushはイラストレーション業界(リアル調か、芸術的かを問わず)、3Dスキャンや、複雑なフィギュアの作成、3Dプリントの編集にも強い影響を与えています。

ジュエリーのアーティストなどは”手で彫刻された”かのようなフィーリングをデジタルツールに加えることや、同様に、デジタルな粘土の塊にコンセプトのカーブの探求を行う自動車デザイナーが魅了されています。

上記に上げたのは数多いうちの数種の業界に過ぎません。他にも複数の産業がZBrushを日々のものに活用しており、例えば、科学的な図解(サイエンティフィック・ビジュアライゼーション)や、歴史的な物品の復元、彫刻的デザイン、プロダクトデザインなどなど。アートがある場所にZBrushがあると言っても過言ではありません。

引用:https://pixologic.jp/zbrush/”

Zbrushの紹介動画

こちらはすからぼが作成したティラノサウルスの早送り動画です。ご覧の通り、ラップトップの画面上で、粘土をこねたり、足したり、引っ張ったり、削ったりしてティラノサウルスが出来ているのが分かるかと思います。

3DCADのように3Dを作製するにあたり具体的な数値を入力して直線や曲線を描き平面図面を作成し、押し出しで3D化する場合、具体的なイメージを頭の中に思い描く必要がありますが、Zbrushは粘土をこねる感覚なので、抽象的なイメージでも挑戦することが出来ます。

そのため、作業中にトライアンドエラーを繰り返すことで頭の中にある抽象的なイメージが具現化され、当初見えなかった具体像を創造することが可能となります。

まさしく、Zbrushでは、あなたの想像が許す限りのモデルの製作や、イラストレーションの作成を行うことが出来るでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は具体的なZbrushの使用方法の紹介ではなく、「Zbrushってこんな感じのソフトウェアなんだよ!」ってことをお伝えいたしました。

Zbrushは特徴的なインターフェースで、ボタンもたくさんあるので操作習得に時間がかかるという方も仰います。

すからぼでは、オリジナル教材を用いて、簡単な操作スキルからモノづくり製作を始めていき、徐々にステップアップしていきますので、創造する楽しさを実感しながら取り組むことが出来ます。また、講師はZbrushの操作方法は勿論のこと、美術系の高校・大学を出ており、専門的に美術を学んでいますので、モデル作製に関しても高度なアドバイスが可能となっています。

ご興味のある方は是非ご連絡をよろしくお願いします!

Tags: