小さなアイデアが世界をもっと面白くする

ABOUT

株式会社野村総合研究所が2015年に「今後10から20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能になる」と発表してから早くも5年が経とうとしています。

この5年間で日本の労働環境に大きな変化は起こったでしょうか。

 

その答えは”YES”です。

 

メガバンクの採用人数は激減し、大手企業の総務や経理部門では大規模な人員削減が行われています。また、普段の生活ではキャッシュレス化が進み、セルフレジが普及するようになりました。この流れはますます加速していくと予想されています。

このような時代を生き抜くために子どもたちは学校で学習するような基礎学習の他に”自分で考え作り伝える力”が必要になってきます。個のスキルが重要視される時代において、自分なりの考え方をもち、それを周囲に伝えることは非常に重要なエッセンスになります。

 

組織の中で同調していれば出世をする時代は既に終わりを迎えています。企業の平均寿命が15年と言われる将来では複数の会社を渡り歩くのが普通の時代がすぐそこに迫っています。

 

先ずはその現実を認識し受け止めることが重要です。

 

モノコトへの感度を高め、何事にもワクワクする知的好奇心をもち、新しいコトモノを周囲を巻き込みながら作り上げる子どもたちが世の中に溢れていたらこの世の中はどれほど面白い世界になるでしょうか。

SCULABでは”想像力”と”創造力”をテーマに”人の感情に訴える力”を育成するプログラムを提供することで21世紀を生き抜くための「未来のイノベーター」の創出に邁進していきます。

株式会社野村総合研究所が2015年に「今後10から20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能になる」と発表してから早くも5年が経とうとしています。

この5年間で日本の労働環境に大きな変化は起こったでしょうか。

 

その答えは”YES”です。

 

メガバンクの採用人数は激減し、大手企業の総務や経理部門では大規模な人員削減が行われています。また、普段の生活ではキャッシュレス化が進み、セルフレジが普及するようになりました。この流れはますます加速していくと予想されています。

このような時代を生き抜くために子どもたちは学校で学習するような基礎学習の他に”自分で考え作り伝える力”が必要になってきます。個のスキルが重要視される時代において、自分なりの考え方をもち、それを周囲に伝えることは非常に重要なエッセンスになります。

 

組織の中で同調していれば出世をする時代は既に終わりを迎えています。企業の平均寿命が15年と言われる将来では複数の会社を渡り歩くのが普通の時代がすぐそこに迫っています。

 

先ずはその現実を認識し受け止めることが重要です。

 

モノコトへの感度を高め、何事にもワクワクする知的好奇心をもち、新しいコトモノを周囲を巻き込みながら作り上げる子どもたちが世の中に溢れていたらこの世の中はどれほど面白い世界になるでしょうか。

SCULABでは”想像力”と”創造力”をテーマに”人の感情に訴える力”を育成するプログラムを提供することで21世紀を生き抜くための「未来のイノベーター」の創出に邁進していきます。